GMOレンシュで集金作業から解放!デメリットは?メリットと比較!

  • 2023年8月13日
  • 2023年9月8日
  • 注目
  • 80view


[PR]

個人でお教室運営をするなら、GMOレンシュを利用して集金作業から解放されたい!と思う方は多いでしょう。

個人に限らず特定グループの集金作業でもお役立ちのGMOレンシュですが、利用前にはデメリットも知っておきたいですよね。

そこで今回は「GMOレンシュが気になる」「集金作業の手間から解放されたい」という方向けに、新規での利用方法デメリット・メリットについて解説します。

これから集客して何かの教室を始めたい方にも興味深い内容になっておりますので、ぜひ参考にしてください!

GMOレンシュとは?

GMOレンシュとは、「チームなどの団体や、個人のお教室運営に役立つ連絡・集金サービス」です。

キャッシュレス化が進む現代にふさわしい集金サービスであり、さらに連絡機能も備えています。

 

GMOレンシュの主な機能

  • オンライン決済機能
  • 売上レポート機能
  • お知らせ・スケジュール機能
  • メンバー管理機能

 

GMOレンシュの魅力は「連絡・集金の業務がひとつで完結」できるところ。

決済や連絡などのやり取りはスマホで完結でき、LINEでの連絡も可能です。

 

なお、顧客からの大事なお金を取り扱う集金サービスは、運営会社の信用も重要。

その点、GMOレンシュの運営会社は東証プライム上場企業であるGMOぺパポ株式会社なので安心です。

セキュリティもしっかりと対策されており、使いやすさと両立されています。

 

GMOレンシュ新規利用方法

ここではGMOレンシュの新規利用方法を解説します。

1.GMOレンシュの公式サイトにアクセスし、「新規登録」をクリックします。

2.メールアドレスとパスワードを入力します。利用規約に同意の上、「アカウント作成」をクリック。

 

3.登録したメールアドレス宛に確認メールが届きます。

4.ログインすると、「受講者・保護者モード」または「運営者・講師モード」で始めるかを選ぶ画面になります。運営者として登録する場合は、「運営者・講師モード」を選択。間違えてもあとから変更可能です。

5.集金を受け取りたいチーム・お教室の名前をつけ、無料トライアルを開始しましょう。30日間の無料トライアル中は、すべての機能を制限なく利用することができます。


GMOレンシュのデメリットとメリット比較

ここではGMOレンシュのデメリットとメリットを確認していきます。

デメリット

GMOレンシュのデメリットは、導入するにあたり利用料金が発生することです。

GMOレンシュ利用料金

月額料金(1教室あたり)3,980円(税込み4,378円)
決済手数料(1決済につき)3.5%
振込手数料(集金した資金を口座振込用)250円(税込み275円)

なお受講者が何人に増えても1教室あたりの月額料金は変わりません

 

その他のデメリットとして、手順通りに進めればよいとはいえ、導入するための設定や顧客への通知も必要になります。

 

メリット

GMOレンシュの主なメリットは以下の通りです。

  • オンライン決済で現金でのやりとりから解放
  • 運営者側は「単発請求」「定期請求」を柔軟に変更可能
  • 受講者はカード決済・コンビニ払い・口座振替など支払い方法を選択可能
  • 受講者側でクレジットカード「自動支払い」設定が出来、払い忘れを防止
  • 支払い機能で支払い履歴が残るので、支払いの確認が可能
  • 教室からのお知らせをメールの他、LINEでも通知可能
  • 運営者と受講者でスケジュールを共有でき、欠席連絡も可能

 

デメリットとメリット比較

上記の通りデメリットとメリットを比較すると、「GMOレンシュ導入の多大なるメリットを享受するための、ほぼ唯一のデメリットと考えられる利用料金がメリットに見合うかどうか」が意見の分かれるところではないでしょうか。

導入の規模で考えるとわかりやすいかもしれません。

例えばお月謝が1万円のお教室の、生徒さんが10人だった場合の利用料金のシミュレーションでみてみましょう。

月謝1万円、生徒数10人の利用料・参考例

月謝総額(1万円x10人)100,000円
月額料金(1教室あたり)3,980円(税込み4,378円)
決済手数料(1万円x10人x3.5%)3,500円(税込み3,850円)
振込手数料(集金した資金を口座振込用)250円(税込み275円)

 

次に月謝2万円、生徒数30人の利用例でみてみましょう。

月謝2万円、生徒数30人の利用料・参考例

月謝総額(2万円x30人)600,000円
月額料金(1教室あたり)3,980円(税込み4,378円)
決済手数料(2万円x30人x3.5%)21,000円(税込み23,100円)
振込手数料(集金した資金を口座振込用)250円(税込み275円)

 

月謝総額が10万規模の場合、利用手数料は月謝の8.6%程度、60万規模の場合は4.6%程度になると予想されます。

数%の手数料を払って生徒さんとの煩わしい現金のやりとりから解放されたい、と思う方にはメリットの方が大きいでしょう。

月謝総額が大きくなればなるほど手数料割合は低くなるので、小規模の教室から始めて徐々に規模を大きくしていきたいという方にもおすすめです。

GMOレンシュの口コミは?

GMOレンシュはやはり、「便利になる」という口コミが見られますね。

 

他にも鹿児島ユナイテッドのジュニアチームで採用されたりと、「アカデミー運営の効率に貢献」と評価されています。

オンライン連絡集金サービス「GMOレンシュ」、
鹿児島ユナイテッドFCのジュニアチームで採用
~集金・連絡のオンライン化によりアカデミー運営の効率に貢献~

引用元:https://minkabu.jp/news/3660644

 

集金業務をオンライン化で効率化することで、本来の業務や習い事に集中できるのがGMOレンシュ導入の大きなメリットですね。

GMOレンシュをおすすめできない方

GMOレンシュをおすすめできない方はこのような方です。

  • 教室の規模が小さく、今後拡大する予定がない
  • 月謝袋での現金のやりとりを大切にしたい

 

教室の規模が小さかったり、そもそも月謝の金額が少ない場合は手数料の割合が大きいと感じてしまうかもしれません。

それでも現金のやりとりやお月謝払い忘れの督促から解放されたい、と考える方には導入するメリットはありそうです。

 

GMOレンシュをおすすめできる方

GMOレンシュの導入をおすすめできる方はこのような方々です。

  • 現金のやりとりから解放されたい
  • お月謝の督促をしたくない
  • 月謝の自動引き落とし設定をしたい
  • キャッシュレスで会費や月謝を集めたい
  • 欠席や連絡のやりとりを楽にしたい
  • 今後お教室の規模を拡大していきたい

 

お月謝の払い忘れの督促は、できれば避けたい雑事ですよね。そのほか欠席連絡などの連絡機能やスケジュールの共有など、導入メリットがとても多いのが特徴です。

 

 

まとめ

GMOレンシュはキャッシュレスの時代に即したサービス。

ちょっとした習い事などのインストラクターとして副業をしたい方にも利用しやすく、また今後事業を拡大していきたい方にも強い味方になってくれるでしょう!

GMOレンシュで月謝や会費をオンライン集金しませんか?
資料請求・無料相談受付中!

最新情報をチェックしよう!